絵本に関する情報をお届けします

電子絵本「子猫のソイとクリ」Kindleで好評発売中!

宝塚のふわふわパンケーキのお店『カフェ・ド・ヴォアラ』

WRITER
 
カフェドヴォアラ
この記事を書いている人 - WRITER -
絵本などの情報を愛込めてお贈りします。

宝塚へ行く用事ができ、念願のパンケーキとサラダのお店『カフェ・ド・ヴォアラ』へ行ってきました。

美味しいパンケーキのお店なら神奈川や東京にもいくつかあります。

でも、宝塚のこのパンケーキのお店は、ちょっと違うんですよ。

『宝塚大劇場』のある場所、それだけでも夢があります。

『カフェ・ド・ヴォアラ』のパンケーキは、インスタ映えする美味しそうな外見。

そして、ふわっふわっの焼きたてパンケーキ。

メニューに『エッグベネディクト』があるんですよ。

今なら『ほうじ茶パンケーキ』もあって、これもオススメです。

『カフェ・ド・ヴォアラ』はどこにあるの?

『カフェ・ド・ヴォアラ』は、阪急・JR「宝塚駅」より花のみちを歩いて8分。
途中、右手に「宝塚大劇場」の前を通っていきます。
「手塚治虫記念館」の道路を挟んで前にあります。

落ち着いた雰囲気の上品な内装。
ゆったりとした雰囲気で友人と楽しく歓談しながら食事をしてきました。
お店は、予約も受け付けています。

【所在地】
宝塚市武庫川町2-10 NTTビル1階

【電話】
0797-86-1111

【営業時間】
10:00~19:00(ラストオーダー18:00)

【定休日】
水曜日(祝日の場合は営業)・宝塚歌劇の休演日・年末年始

【席数】
60席

【アクセス】
阪急「宝塚南口駅」宝塚大橋を渡り徒歩5分
阪急・JR「宝塚駅」花のみちを徒歩8分
「宝塚大劇場・宝塚バウホール」より徒歩3分

 

オススメの食事パンケーキとサラダ

パンケーキというと甘い物を想像しがちですが、甘くないパンケーキもあります。

食事のパンケーキもいいけど、やっぱり甘いパンケーキも食べた~い。

大丈夫、何人か友人も一緒なので、みんなでシェアして食べました。

食事のパンケーキには、どれもサラダが一緒についていました。

それでもサラダも美味しそうで、友人が頼んでいました。

 

エッグベネディクト風パンケーキ

エッグベネディクト風

「エッグベネディクト風」パンケーキ。
これが1番食べたかったんですよ。

エッグベネディクトというと本当は、マフィンにベーコン・ポーチドエッグ・オランディーズソースですね。
マフィンの代わりにパンケーキも合います。

半熟卵にナイフを入れると黄身がトローリ。

コクのあるトローリなめらかなオランディーズソース。
オランディーズソースに黒こしょうと何がかかっているのでしょう?

パンケーキは、ふわっふわっ。
まるでスフレのようです。
パンケーキは、注文を受けてから卵の白身を泡立てて作るそうです。

友人がフォークでパンケーキを切ろうとしていましたが、ふわっふわっなのでナイフでないと切れません。

パンケーキが3枚も重なっていて食べきれるかなぁと思いましたが、ふわっふわっなので軽くペロリと食べられちゃいます。

でも、新鮮な卵をいっぱい使っているのでしょう。
食べ終わって気づくと、結構お腹いっぱいになっていました!

 

エビとアボカドのサラダ

これは、エビとアボカドのサラダ

サラダの盛り付けも「インスタ映え」しています。

ドレッシングソースもオリジナルで独特です。

紅茶鴨のスモーク

実は、2日間、続けて行ってしまいました。
2日目の時に友人が注文した「紅茶鴨のスモーク」。
これも食べたかった!

 

あれもこれも食べたい甘いスイーツパンケーキ

ほうじ茶パンケーキ

私が最初に頼んだのは、これ!
季節限定の「ほうじ茶パンケーキ」

でも、パンケーキが来るまでの間に別の所にいた他の友人を見つけて話し込んでしまいました。
パンケーキを持ってきてくれたお店に人に「すぐに食べないと形が崩れてしまいますので」と言われました。

やはり、皆さん「インスタ映え」するパンケーキをキレイなうちに写真に撮りたいですからね。
席に着いた時にはまだ良かったのですが、写真に撮ろうとする直前にクリームが崩れてしまいました。

温かいパンケーキにクリームのっかっているのに、話し込んでしまったので仕方ないですね。
崩れても、味には変わりないです。

この「ほうじ茶パンケーキ」は贅沢の極み!
一口食べると、まず「ほうじ茶クリーム」の濃い「ほうじ茶」の良い香が広がります。

この、上に乗っているスイートポテトが絶品です。
なめらかな舌触り、微かなラム酒の味と香りが口の中に残ります。

上に乗っている砂糖コーティングの香ばしナッツが「カリッ」とします。

ほうじ茶のアイスもまた美味しい。

これだけだと色味が地味になってしまうので、と添えられているのが「マンゴーベリーソース」。

あれもこれも贅沢過ぎる満足感が味わえます。

 

カスタードブリュレ

次に食べたかったのは「カスタードブリュレ」。

これは友人が頼んだのをシェアさせてもらいました。

このカスタードクリームは、なめらかでコクがあります。
材料にもこだわって良い卵や牛乳使っているな、とわかる味です。

カスタードの表面を焼いているのでカリッと薄い飴のようになっています。

「ふわっ」「とろっ」「かりっ」と1つのパンケーキで3つの食感が味わえます。

 

カフェラテ(ホット)

ラテアートがちょっと可愛い。

 

チョコキャラメルバナナ

チョコレートソースとバナナは定番ですが、それにキャラメルソースもかかっています。

2日目に友人のお子さんも来られて、あれもこれも食べたいと一緒にシェアしました。

甘すぎないのが良いです。

 

フレッシュフルーツデコレ

ちょっと写真がうまくないですが。

フルーツたっぷりのパンケーキは、やはり食べたいですよね。

季節によりフルーツは異なるみたいですね。

今は秋なのでブドウが入っています。

 

焼きりんごのキャラメリゼ

「焼りんご」を更に「キャラメリゼ」してあるのに、こだわりを感じます。

スイーツパンケーキには、どれもアイスクリームが添えられているのが嬉しいです。

 

まとめ

スフレのようにふわっふわっのパンケーキ。
このフワフワ感は、他のパンケーキのお店にはないです。

見た目・味・付け合わせの全てにシェフのこだわりが感じられます。

『カフェ・ド・ヴォアラ』のオーナーは、『宝塚ローズ倶楽部』もやっています。
『宝塚ローズ倶楽部』とは、元タカラジェンヌを起用した様々なイベントを企画・運営しています。
ですから、『カフェ・ド・ヴォアラ』でパンケーキを食べながら元タカラジェンヌのショーが見られるイベントなども時折行われているようです。

『カフェ・ド・ヴォアラ』のサイトはこちら。

この記事を書いている人 - WRITER -
絵本などの情報を愛込めてお贈りします。

この記事を書いている人 - WRITER -


育児を通して絵本が大好きになりました。
子どもたちが幼い頃から猫を飼い、猫が大好きになりました。
猫カフェをやっていたこともあります。
子猫の絵本を制作したいと色鉛筆画や絵本制作を習い始めました。
2017年12月にKindleで「子猫のソイとクリ」を出版し、Kindle絵本・児童書のカテゴリーで1位を獲得しました。
2019年第3回日美展に色鉛筆画が入選・佳作を取りました。
4歳からできるプログラミング言語「ビスケット」のファシリテーターになりました。

渡辺一二三
(わたなべひふみ)




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© しあわせ絵本生活 , 2019 All Rights Reserved.