絵本に関する情報をお届けします

平塚市美術館「金魚絵師 深掘隆介展 平成しんちう屋」

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
絵本などの情報を愛込めてお贈りします。

先日、地元の平塚市美術館で「金魚絵師 深掘隆介展 平成しんちう屋」を観てきました。

まるで本物の金魚が泳いでいるような作品が驚くほどたくさんありました。

9月2日(日)まで開催されています。

一部写真を撮っても良かったので、撮ってきました。

「しんちう屋」という屋台で金魚が売られているシチュエーション。

これだけでも見応えあります。

平塚美術館内

平塚美術館では、「いきもの図鑑」と「金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋」を2018年7月7日(土)~9月2日(日)まで展示しています。

 

ロビーには、三沢厚彦氏の「ユニコーン」が2つ飾られています。

 

7月7日に深堀隆介さんによるライブペイントが行われました。

そのときに描かれた金魚の絵です。

 

金魚絵師 深堀隆介展

金魚の持つ神秘性に魅了され、創作を続ける深堀隆介(1973年愛知県名古屋市生まれ、横浜市存在)。深堀は透明樹脂にアクリル絵具で金魚を描くという独自の斬新な手法で注目を集める若手の現代美術家です。

1995年愛知県立芸術大学を卒業した深堀は、名古屋のディスプレイ会社にデザイナーとして勤務しますが、1999年退職、本格的に創作活動を開始し、絵画と立体を平行してさまざまな作品を制作します。しかし、次第に自分が何をすべきかを悩み、自信を失いかけていた頃、金魚を描くきっかけとなった転機が訪れます。それは、7年間放置していた水槽で生き続ける金魚の存在に気づき、その美しさに制作意欲をかきたてられたこと。金魚に救われたというこの出来事を「金魚救い」と呼び、その後、金魚に自分を重ね、表現を追求してきました。

極めて独創的な深堀の技法は、器の中に樹脂を流し込み、その表面にアクリル絵具で金魚を少しずつ部分的に描いていき、さらにその上から樹脂を重ねます。その作業を繰り返すことにより、絵が重なり合い、まるで生きているかのような金魚が表現され、圧倒的な立体感をもって観るものに迫ります。その生き生きとしたリアリティは平面である絵画作品と立体作品の境界に揺さぶりをかける革命的絵画と言えるでしょう。こうした一連の金魚作品によって、今や国内はもとより世界的に高い評価を受けています。また、近年ではライブペインティングやインスタレーションにも力を入れ、ますます表現の幅を広げています。

本展では、初期の立体作品から初公開となる新作インスタレーション《平成しんちう屋》を含む代表作200余点により、深堀隆介の世界を紹介する本格的な個展となります。絵画でありながら立体的な躍動感にあふれ、不思議な美しさを湛えた深堀金魚を存分に愛で、お楽しみください。

パンフレットより

美術館内では、深堀隆介さんの実際に作品の制作る過程も見られる23分のビデオ映像も繰り返し上映されています。

 

平成しんちう屋

樹脂を使わずアクリル絵の具で描いただけの作品も、本物の大きな金魚が美しく、泳いでいるようでした。

 

金魚水墨館ー金魚を描いて泳がせよう!

7月21日(土)、展示会関連イベントとして、深堀隆介さんを講師にワークショップが開かれました。

子どもたちがそれぞれに考えて金魚を描き、描いた金魚を切り抜き、のりをつけてガラスに貼って泳がせました。

 

平塚市美術館について

平塚美術館のサイトは、こちらです。

【開館時間】
9:30~17:00(入場は16:30まで)

【休館日】
月曜日(月曜日が祝日・休日の場合は営業し、翌日が休館)

【アクセス】
JR平塚駅より徒歩20分くらい
バスやタクシーもあります。

【住所】
〒254-0073
神奈川県平塚市西八幡1-3-3

【電話番号】
0463-35-2111

【地図】

 

まとめ

金魚がとても美しく、まるで生きているかのように見えました。

キレイな物だけでなく、使い古した入れ物に金魚がいる作品も数多くありました。

平面ではなく、立体に見えるけど立体とも言えない?

なんとも不思議で触りたいのを我慢しました。

9月2日までなので、お早めに。

この記事を書いている人 - WRITER -
絵本などの情報を愛込めてお贈りします。

この記事を書いている人 - WRITER -


育児を通して絵本が大好きになりました。
子どもたちが幼い頃から猫を飼い、猫が大好きになりました。
子猫の絵本を制作したいと色鉛筆画や絵本制作を習い始めました。
2017年12月にKindleで「子猫のソイとクリ」を出版し、Kindle絵本・児童書のカテゴリーで1位を獲得しました。

KuLeon

[speheader position="center"]

 

 

 

リラックリちゃん

[/speheader]

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© しあわせ絵本生活 , 2018 All Rights Reserved.