絵本に関する情報をお届けします

【2017年】湘南ひらつか七夕まつり実況

WRITER
 
2017年湘南ひらつか七夕まつり
この記事を書いている人 - WRITER -
絵本などの情報を愛込めてお贈りします。

2017年の湘南ひらつか七夕まつりは、7月7日(金)~9日(日)の3日間です。

屋台や竹飾りに多くの人々で街中が、ざわざわしています。

詳しい情報は、平塚市のホームページにも掲載されています。

こちらでは、当日の様子などを載せていきます。

湘南ひらつか七夕まつりの竹飾り

7日の昼間、七夕まつりの様子を見に行きました。

七夕竹飾り1

七夕竹飾り2

七夕竹飾り3

七夕竹飾り4

七夕竹飾りトトロ

七夕竹飾り8

まだまだ竹飾りは、たくさんあります。

夜になると灯りがついて、とてもキレイです。

夜七夕飾り1

夜七夕飾り2

 

ハンドスピナーの屋台

平塚の七夕祭りといえば、まるで全国から屋台が集まって来たのではないかと思う程、物凄い数あります。

屋台の中で、今年は流行りの「ハンドスピナー」の屋台がありました!

くじ1回500円。

外れなしで、小さいハンドスピナー、プラスチックのハンドスピナー、1000円以上するかっこいいハンドスピナーもありました!

私は、物は試しに1000円で、くじを1回ひかせてもらったのですが良いのは当たらず、プラスチックのハンドスピナーにしました。

見附台広場

平塚駅周辺から少し歩くのですが、見附台広場で催しをやっています。

ステージやグルメの屋台がずらっとあり、

休憩所やトイレや無料の駐輪スペースもあります。

電車で来られた方は、平塚駅西口から降りて歩くと良いです。

 

 

七夕グルメの祭典

弦斎カレーパン


※上記写真は、広場でなく七夕期間限定のお店として出ている所です。

 

平塚の名物やグルメの屋台が勢揃い!

どれもおすすめなのですが、今日の気分はカレーパン。

平塚の高久製パンの「弦斎カレーパン」がオススメです。

平塚市ゆかりの偉人のひとりに、村井弦斎という作家がいる。文久3年(1863年)、愛知県豊橋市に生まれた弦斎は、創立したばかりの東京外国語学校を中退後にアメリカへ留学、帰国後に新聞記者として活躍しながら小説も手がけた。そして明治36年(1903年)、報知新聞での連載を経て出版したのが、小説『食道楽(しょくどうらく)』。弦斎がちょうど40歳になる年だった。『食道楽(しょくどうらく)』は主人公の恋愛物語に、600種以上にも及ぶ料理の話を織り交ぜた、今の世で言うならばマンガ『美味しんぼ』風のストーリーが話題を呼び、当時しては驚異的な30版10万部を越えるベストセラーとなった。

マイナビニュースより

 

七夕シェイブアイス

今年の七夕期間中は、ずっと雨も降らず高い気温で暑かったです。

かき氷や氷水の屋台が繁盛していたと思います。

見附台広場では、かき氷といえば、これ!

「七夕シェイブアイス」400円

 

恐竜ロボット

小さなお子様に人気、恐竜ロボットもいます。

動いたり鳴き声も聞こえます。

 

平塚市の湘南ひらつか七夕まつり開催情報は、こちらです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
絵本などの情報を愛込めてお贈りします。

この記事を書いている人 - WRITER -


育児を通して絵本が大好きになりました。
子どもたちが幼い頃から猫を飼い、猫が大好きになりました。
子猫の絵本を制作したいと色鉛筆画や絵本制作を習い始めました。
2017年12月にKindleで「子猫のソイとクリ」を出版し、Kindle絵本・児童書のカテゴリーで1位を獲得しました。

KuLeon

[speheader position="center"]

 

 

 

リラックリちゃん

[/speheader]

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© しあわせ絵本生活 , 2017 All Rights Reserved.