絵本に関する情報をお届けします

電子絵本「子猫のソイとクリ」Kindleで好評発売中!

希望ある未来記憶の女流展ー恵比寿の弘重ギャラリー

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
絵本などの情報を愛込めてお贈りします。

2020年1月28日(火)より2月2日(日)まで、恵比寿の弘重ギャラリーにて、『希望ある未来記憶の女流展』が開催されます。

  • 縮緬アート
  • コラージュ
  • 吹きガラスアート
  • 日本画
  • キラキラアート
  • 油絵
  • 色鉛筆画

など様々な作品が展示されています。

特に縮緬アートは、滋賀県長浜市の浜ちりめんで作られたオリジナルの美術作品です。
その細かな貼り絵に驚きと感動。

他の作品も、それぞれの作者の想いが込められたステキなものばかり。
ぜひ、足を運んで生でご覧頂きたいです。

ナカムラアキコさんの油絵・守澤じゅんこさんのキラキララメアート

弘重ギャラリー入ってすぐの受付です。
1階に展示してある油絵キラキララメアートガラスアートなどの作品が見えています。

入ってすぐに飾られている2枚の油絵作者のナカムラアキコさんは、この女流展の企画者。

その奥に飾られているキラキララメアートは、見ていると元気になれるパワーがあります。

 

弘重ギャラリーのカフェ

弘重ギャラリーの1階には、ちょっとしたカフェも併設されています。

ちょっとした飲物やドーナツなどが食べられます。

 

吹きガラスアート ー 清水佐和子さん

1階入って左奥に見える吹きガラスアート

見ているだけで、なんだかワクワクしてきて、つい触ってみたくなります。

天井にも吊してあります。
地下中央にも少し飾ってありますので、お見逃し無く。

 

ジュガールな作品 ー Juggad∞Sonokoさん

企画者の1人であるその子さん。

服飾関係の仕事をされていて、センスは抜群。
サチン・チョードリーさんも着られている「ジュガールTシャツ」なども製造販売されています。

 

縮緬アート ー にしぼり紗布さん

滋賀県長浜市の「浜縮緬(はまちりめん)」をはじめ、丹後縮緬等の高級呉服生地の端切れを5mm程の細かさに切り、色分けして、自らイメージしたオリジナルの図柄に合わせて、布同士が重ならないようにピンセットで貼り付ける独自の手法。

近くで見るとその細かさにビックリします。
絵全体を見ると、その神々しさに感動を覚えます。

 

コラージュアート ー 浅間明日美さん

明日美さんには刺繍の作品があり、今回それがないのが残念です。

でも、このコラージュ作品は、林真理子氏の「約束」の表紙になりました。
とてもステキですね。

 

飯島智恵さん・keitoさん作品

大きな日本画は、飯島智恵さんの作品。

希望溢れるパワーを感じます。

 

いわいちえ さん作品

球根が芽吹くパワーを表現したものだそうです。

抽象画というのは、私にはよくわからなかったのですが、ちえさんから直接話を聞いてなるほどと興味が持てました。
自分の中にある感情を表現する、時として「本当にこれで良いのだろうか?」と葛藤を繰り広げながら制作を進めることも。

この絵の中には、未来を夢見る現実のパワーが込められていると感じました。

 

色鉛筆画「折れ耳子猫のクリちゃん」「ランドセルのレオン」

今までカルチャー芸術展、それからカルチャープラザ平塚に飾られていた「折れ耳子猫のクリちゃん」。
この絵を見て「癒やされる~」と言って下さる方々もいて、ヒーラー(セラピスト)の私としては、嬉しい限りです。

ランドセルのレオン」は、今回初展示です。
間際まで迷っての出展で他の絵の額に入れたので、ちょっと合っていませんが。

両方とも現在制作中の絵本の1ページとなる予定です。

以前Kindle出版した「子猫のソイとクリ」を紙の絵本にしたものも展示してあります。
ご要望があれば紙の絵本も出版しますので、コメントでも何でもご連絡いただければ幸いです。

 

2つの絵のポストカードも販売しています。

ポストカード

開催場所・日程

女流展ハガキ

【日程】
2020年1月28日(火)~2月2日(日)
時間:11:00~19:00(最終日は17時まで)

【場所】
弘重ギャラリー
恵比寿の閑静なギャラリー。
恵比寿の小高い丘の上の真っ白な一軒家ギャラリー。
お茶を飲みながら展示を楽しめるカフェ&ギャラリーです。

住所:渋谷区恵比寿南2丁目10-4
Tel:03-5722-0083

アクセス:東京メトロ 日比谷線 恵比寿駅 5番出口より 徒歩4分
JR恵比寿駅 西口改札出て徒歩6分 または、東口改札出て「動く歩道」経由 徒歩10分

 

まとめ

サンタ帽子のクリ

クリちゃんは、娘の成人式の日の夜に「大人になるまで見守る」役目を終えたかのように静かに息を引き取りました。
私にとっては追悼展示になってしまいました。

『希望ある未来記憶の女流展』に来てくださると嬉しいです。

ギャラリーにいつもいるわけではないので、できれば前もってご連絡いただけると幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -
絵本などの情報を愛込めてお贈りします。

この記事を書いている人 - WRITER -


育児を通して絵本が大好きになりました。
子どもたちが幼い頃から猫を飼い、猫が大好きになりました。
猫カフェをやっていたこともあります。
子猫の絵本を制作したいと色鉛筆画や絵本制作を習い始めました。
2017年12月にKindleで「子猫のソイとクリ」を出版し、Kindle絵本・児童書のカテゴリーで1位を獲得しました。
2019年第3回日美展に色鉛筆画が入選・佳作を取りました。
4歳からできるプログラミング言語「ビスケット」のファシリテーターになりました。

渡辺一二三
(わたなべひふみ)




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© しあわせ絵本生活 , 2020 All Rights Reserved.